Les Photos Quotidienne


ブログタイトルの意味は
“日常写真”です。

初期の頃はフォトブログでは
ありませんでしたが、
途中からフォトブログにしました。

ランキングに参加中です。
応援クリックよろしくお願いします


ブログ村 写真ブログ コンデジ写真
いつもありがとうございます
m(_ _)m

管理人:りる



My collage blog

Erzsee's Collage
(エルジェーのコラージュ)
(↑ 別のH.N.でやってます)




インド紅茶専門店 Silver Pot

カレルチャペック紅茶店



私が管理人をしているコミュニティーです。
御参加お待ちしてま~す!

ブログ村 トラコミュ マスキングテープ(雑貨、文房具)

ブログ村 トラコミュ 紅茶

ブログ村 トラコミュ アレンジティー

ブログ村 トラコミュ おうちカフェ

ブログ村 トラコミュ カフェ

ブログ村 トラコミュ リキュール

ブログ村 トラコミュ 炭酸飲料

ブログ村 トラコミュ コンポート

ブログ村 トラコミュ コンフィチュール、ジャム & マーマレード

ブログ村 トラコミュ パフェ

ブログ村 トラコミュ アイスクリーム

ブログ村 トラコミュ おうちでCafe風ごはん&今日のお弁当

ブログ村 トラコミュ おうちごはん

ブログ村 トラコミュ 毎日のごはん

ブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

ブログ村 トラコミュ 光

ブログ村 トラコミュ 季節の写真

ブログ村 トラコミュ 自然の美しさ

ブログ村 トラコミュ 公園で撮った写真

ブログ村 トラコミュ オススメの手作り品

ブログ村 トラコミュ フラワーアレンジメント、フラワーアート



S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



タグ
カテゴリ
以前の記事
検索

カテゴリ:本( 10 )
カレセンではないけど渋いおじさまも好き
c0130409_22173135.jpg「枯れたおじさま」に萌える女子たち | Excite Bit

私は若い男性も好きなのでカレセンではないものの、
渋いおじさまも好きです。
渋い男性有名人で好きなのはデビッド・ボウイ、
ハーヴェイ・カイテルアンソニー・ホプキンス、田村正和、
寺尾聡、藤村俊二(オヒョイさん)、緒形拳、あと、以上の
人達よりはちょっと若いけど大杉漣、長谷川初範など(好きな順ではなく思いついた順(敬称略)です)。

寺尾聡さんとオヒョイさんは若い時より年とってからの方が好きです。
デビッド・ボウイ(外国人の人に さん付けすると気のせいか
なんとなく変なので呼び捨て;)と田村正和さんは若い時も
今もずーっと好きです。
田村さんは実年齢より若く見えるけど今64歳なんですよね。
20代の頃の写真をテレビで見たことがありますが、凄くかっこよかったです♥
上に挙げた、あとの人達の若い頃は知りません。

カレセンではないものの、渋いおじさまも好きな私としてはこの記事の冒頭にリンクがはってあるExcite Bit
コネタで紹介されてた『カレセン 枯れたおじさん専科』の本、買うほどじゃないにしろ中身を見てみたい…。
表紙のおじさん(おじいさん)も確かに渋くて素敵です。
このコネタに書いてあったように、私もちょいワルオヤジは好みではなかったです…。

あと、今ネットで知ったんですが(遅;)、田村正和さんのお兄さんの田村高廣さん、2006 年に
亡くなってたんですね…。
田村高廣さんは堂本剛くん主演のドラマ『ホームドラマ!』でしか私は見たことなかったんですが、
そのドラマの2年後に亡くなってたと今知ってちょっとショックでした…。
[PR]
by lilu7 | 2008-02-05 23:41 |
レトロなイラスト
手芸雑誌を見てたらフランスの刺繍本が紹介されていて、その表紙がレトロなイラストだったので、
15~16年前に買った似たような絵柄の輸入イラスト集を思い出して久しぶりに出して見ました。
c0130409_5522632.jpg
c0130409_552439.jpg
c0130409_553262.jpg
冊数の都合上、一段目の写真だけ3冊並べたので小さいですが;
どれも1980年代か1990年代に発売された輸入本で、一段目の写真の3冊と二段目の写真の右の本は1920~1930年代のイラストを載せた本、二段目の写真の左の本と三段目の写真の2冊はイラストの年代は判りませんが、三段目の写真の2冊は上の5冊とは違ったテイストで表紙の絵のような、リアルっぽい絵が載っています。
三段目の2冊は大阪へ行った時に偶然見つけて買いました。

c0130409_604662.jpg
c0130409_61852.jpg私は特に好きなのはこんな感じの絵。
二段目の写真の左の本より。
c0130409_621185.jpg
この二枚の絵は一段目の写真の左の本か、二段目の写真の右の本の、どちらかに載ってました。
(すみません、どちらの本か忘れました;)
右の絵も好きです。
左の絵は好きなわけではなく、「なんだかちょっと…;」的な絵です。
アイスクリームにシロップがかかってるっぽいデザートに苺が乗ってますが、シロップっぽいものが垂れてる
部分が黒っぽく描かれているし白黒の絵なのでなんだか血がしたたってるみたい;
アイスに乗っている2つの苺が目に見えて全体が化け物の顔に見えなくもない…(^_^;)

ちなみに、イラストの余白部分がピンクっぽく写ってますがこれはカメラのせいで、本当は白いです。

色々見てると楽しいです。

(12月6日追記)
上から二段目の左の写真の本は、18~20世紀にいろんな国で描かれたex libris(エクス- リブリス)
(bookplate。蔵書票。(Yahoo辞書より))集でした。
[PR]
by lilu7 | 2007-11-14 23:55 |
乙女のパリ絵本
c0130409_1735950.gif
最初、mixi に『乙女のパリ絵本』の宣伝バナーがあるのを発見してサイトに見に行って、ちょっと興味あるな~と見てたらリンク先最新情報がexciteブログになってたからそこからこの「ロゴスギャラリーにて 『乙女のパリ展』 開催中 | ウーマンエキサイト カルチャー トピックス」の記事に辿り着きました。

「乙女のパリ絵本」メイキング』のページもexciteブログで、自分のブログがexciteブログだから、関係ないとこでexciteブログを使ってるのを見つけるとなんだか親近感が沸いちゃう。

このメイキングのページに載ってる9月26日08:25の記事に載ってるパリの手芸屋さんの写真見て、パリへ凄く行きたくなりました。
パリへは13年ぐらい前に一度行ったことがあるけど、その頃はソーイングに興味がなかったからそういうお店には行かなかったので今考えるともったいなかった。
時々手芸雑誌でもパリの手芸屋さんの写真が載ってるんだけど、ほんといいなぁ。
こんな素敵なお店へ行ったら凄く沢山買っちゃいそう。

この「乙女のパリ絵本」、まだ買ってないけど、中身を見たらますます行きたい場所が増えちゃうなぁ…。

この『乙女のパリ展』も行きたいけど東京だから行けないな~…。
[PR]
by lilu7 | 2007-10-02 17:15 |
Review Book
c0130409_610252.jpg
ブログ全盛の時代だからこそ!? レビューブック | Excite Bit

他社のレビューブックならLOFTのノート売場で見たことあります。
ノート的な薄さだったけど、↑の㈱ストーリーオブのは本当に分厚い”本”ですね。
沢山書けるのはいいけど、分厚くて結構場所取るから収納に困るなぁ。

私が買うなら『Music』(上の画像にはありませんが…新発売です。)『Restaurant』『Recipe』『Movie & Play』『Book』『Travel』かな。

そして、『Wine』のも買って”Tea”のラベルを”Wine”のタイトルの上に貼って、飲んだことある茶園の紅茶を全部書いていきたい。
私はワインは飲めないけど(オレンジジュースにワインをちょっとだけ入れたワインクーラーなら飲めるけど)、紅茶が大好きでいろんなメーカーや茶園のを飲むから。
どうせ『Tea』なんてマイナーなカテゴリーでは今後もレビューブックは発売されないだろうし…。
…って考えたものの、『Wine』のレビューブックの中身の画像を見たら、細かくてよく見えないものの(画像を拡大してもぼやけて読めない)、かろうじて読めたのは"winery"と”color”の項目。
c0130409_6535959.jpg
あと、表紙の写真もよく見たら当然ながらワインの写真が載っている…。
やっぱ紅茶のレビューブックは普通のノートを買ってきてそれ用にするしかないか…。
何年も前に、紅茶のレビューノート(当時はそんな言葉は思いつかなかったけど)をつけようと思ってノートに書き始めたものの、途中でやめちゃって書いたページは破りました;
あんまり詳しく書かなかったし。

レシピは、フランフランで買った、表紙がシルバーで中身が罫線だけの普通のノートをレシピノートとして使ってます。
料理よりはアレンジドリンクやデザートのレシピを沢山書き込んでるけど。
書き込んだわりには実際作った物って少ないです;

私って学生終わってからもノートが好きでたまに買うんですが、あんまり使いみちがなくなっちゃったから、眠ってる新品同様のノートが割とあります…;
[PR]
by lilu7 | 2007-09-18 07:03 |
『人気カフェのNew Styleドリンク』
c0130409_1313773.jpg人気カフェのNew Styleドリンク』という本を買いました。
旭屋出版という出版社から出ています。

いろんなカフェにあるドリンクメニューのレシピ集で、フルーツドリンク、ベジタブルドリンク、スムージー&シェイク、豆乳ドリンク、ソーダ、ティードリンクという6つのカテゴリで載っています。
特に私が気に入ったのはティードリンクとソーダのページでした♪
今日はその中に載っていたレシピをアレンジして(家にある材料で済ませたので)、ベリーソーダを作りました。
カシスリキュール、ブルーベリーシロップ、冷凍ブルーベリー、冷凍ラズベリー、無糖炭酸水、各適量で。
美味しかったです♪

似た内容の本で『評判ドリンク&パフェ・デザート』(同じ出版社)というのも以前買いました。
こちらもおすすめです。
[PR]
by lilu7 | 2007-06-10 22:03 |
Star Trek Cookbook
おとといAmazonで『Star Trek Cookbook』っていう洋書を注文したので今日届きました♪

『スター・トレック・ヴォイジャー』っていうアメリカのドラマで、宇宙艦ヴォイジャーのコックだったニーリックスっていう名前の役のイーサン・フィリップスって俳優さんと、あと誰だか知らないけど役者さんじゃない人(多分、料理監修の人?)が共同で書いた、そのドラマやスター・トレック・シリーズの他のドラマに出てくる料理にまつわるエピソードを書いた本です。

表紙と裏表紙だけカラーであとは白黒なんですが、表紙と裏表紙に24世紀の料理とされているもの(ドラマ内で、例えば「20世紀の料理」と言われるものもあります。
誰々が「20世紀の料理の何々を食べたい」って言う時もあるからです)が何品か写真が載っているんですが、冒頭に貼ったリンク先で“この本の中身を閲覧する”って部分をクリックするとまず表紙の拡大写真が出ます。
それをさらに拡大して見てみて下さい!
右上の料理、これはもしかして…日本のスナック菓子では…!
駄菓子屋やスーパーなどで売られている、4色くらい入ったカレー味のスナック。
アメリカ人が知らないからって日本のスナック菓子を24世紀の料理として出してるなんて…;
確かに遠目で見れば珍しい料理に見えなくはないですけど…;
ドラマ内ではその料理は出てきたかどうか判りませんが、ニーリックスがチクワをトングで掴んでいるシーンは見たことあります。
でもチクワなら食材だから、日系のクルー(艦の乗組員)が食べたいと言ったという裏設定なのかもしれないけど、あのカレースナックはなんかいかにも料理のように写真を撮ってあるので、なんだかなぁ…って;

この本は写真が少しで文章がほとんどだし文章は英文なのでいまいち意味が解らないところが結構ありますが、全く解らないわけでもないから別にいいんです。
スター・トレックを全然知らない人で私程度の英語力だとほとんど解らないかもしれませんが、私はスター・トレック、中でもヴォイジャーが一番好きなので結構楽しめました♪

『スター・トレック・エンタープライズ』ってドラマのDVDの特典映像でスタッフの人が言ってたんですが、22世紀風(『スター・トレック・エンタープライズ』の時代は22世紀です)に見える料理を考えたり盛り付けるのは結構苦労してるとのことだったので、もっと未来の24世紀の料理ならなおさらでしょうね。
[PR]
by lilu7 | 2007-03-29 22:07 |
まんがキッチン
c0130409_4163620.jpg先日、福田里香さんの『まんがキッチン』という本を本屋で
偶然見つけて買いました。

表紙は『はちみつとクローバー』の羽海野チカさんの絵。でも中身はいろんな漫画に出てくる、またはその漫画をイメージして作った食べ物(お菓子が大半)や飲み物のレシピ集とその漫画についての福田さんの考えや、4人の作者との対談(羽海野チカさん、よしながふみさん、くらもちふさこさん、萩尾望都さん)が載っています。

載ってた中で私が好きな漫画は、『はちみつとクローバー』と、よしながふみさんの『西洋骨董洋菓子店』と、今市子さんの『百鬼夜行抄』と、川原泉さんの『笑う大天使(ミカエル)』。
実際作ってみたいと思ったのは、『百鬼夜行抄』の“百黄夜光酒”と陸奥A子さんの『おいしい恋グスリ』の“かわゆい小花のホレ薬(偽)”(笑)。
“百黄夜光酒”は黄柚子の皮と氷砂糖のウオッカ漬け。

“かわゆい小花のホレ薬(偽)”はハーブティー用の花びらと水とグラニュー糖とレモン汁で作るシロップ。
ソーダ割りなどで飲んだり、アイスクリームのトッピングにしたりするそうです。
花びらはレッドローズやエルダーフラワーやコクリコなどをそれぞれ単品で作るそうです。
コクリコって知らないんですが、ローズ味やエルダーフラワー味は興味あります。
[PR]
by lilu7 | 2007-03-25 19:51 |
布の種類
今、発売中の雑誌『ミセスのスタイルブック』(2007 春号)の綴じ込み付録で、布地図鑑があって、布の種類が沢山紹介されていたので、その付録以外全く好みじゃないテイストの雑誌だったけど買ってみました。

例えば、コットンだけでも色々あるじゃないですか~。
これは何て名前のコットンなのかな?とか気になってたのでとても参考になります♪
[PR]
by lilu7 | 2007-02-20 23:56 |
『紅茶の事典』 新改訂版
c0130409_19353841.jpg久々にAmazing Teaのサイト内の熊崎俊太郎さんのブレンダー・
ダイアリーを見に行ったら沢山更新されていて(何ヶ月も更新されてなかった)、その中に、『紅茶の事典』の新改訂版の監修と指導をしたことが書いてあったので早速本屋へ買いに行きました。

今まで出版された『紅茶の事典』と『おいしい紅茶の事典』も持っていますが、今回のは熊崎さんが監修と指導をしただけあって熊崎さんらしい感じに仕上がってました(シーンごとの紅茶の楽しみ方が追加されていたり、文章が固くないところが特に)。
今まで出版された二冊より気に入りました♪

でも何故改訂版を二回も出すんだろう…。
他のタイトルにして別の紅茶の本を同じ出版社から出しても問題ないと思うけど…。
最初の二冊を監修・指導した人達がちょっと可哀相な気もする…。
[PR]
by lilu7 | 2007-02-04 18:59 |
『スターバックス・マニアックス』
c0130409_315726.jpg先日、『スターバックス・マニアックス』という文庫本を買いました。
本屋さんで面出しして何冊か置いてあったから新刊かと思ってたら、今日気付いたけど2001年に出版されたものでした。

本や雑誌を買っても大抵写真を見てるだけとか気になる記事を読む程度で中々全部を熟読することが少ない私(故に小説は読みません。漫画はきちんと読みますが。あ、でも買っても全然読んでない漫画は何冊かあります~。)には珍しく今日の夕方から夜8時半頃まで一気に半分以上読みました。
まぁ、字ばかりの本じゃないから読みやすいってのもありますが、読むのが凄く遅い私にとっては快挙でした♪
本の内容は、スタバマニアな著者のコレクション写真、スタバの会社やお店で働く人のインタビュー、各コーヒー豆についての説明や合う食べ物、スタバで働く為の研修内容、定番ドリンクのレシピなど、読んでいて私には興味深いものばかりでした。私はスタバマニアではないけど、好きなカフェの一つって程度です。
この本を買おうと思ったのは定番ドリンクのレシピが載っていたからです。
[PR]
by lilu7 | 2006-12-12 23:10 |


    このブログの画像の
    持ち帰りや転載は
    固くお断り致します。
    Copyright © Lilu
    All Rights Reserved.
最新の記事
ピックアップ記事

すいかウォッカ・スムージー

マチェドニア

トリプルベリーアイスクリーム

ラズベリーヨーグルトスムージー

アイスの実のソーダ割り / ドライラベンダー

ミルクプリンと8種のアイスとダブルベリージャムのパフェ

ハーブティーゼリー Ⅲ

カフェラテ・ババロア

air bubbles in ice

自家製苺と苺ヨーグルトスムージー

自家製いちご酒

コーヒーゼリー in セパレートアイスオーレ

ティーゼリー in アイスミルクティー

アイスフレッシュ八朔ティー

苺ババロア

キャラメルももいちごミルクティー

マスキングテープでBOXティッシュカバー

色々シトラスピール

ホットフレッシュフルーツティー Ⅲ

Ice Fresh Strawberry Tea Ⅱ

アイスフレッシュフルーツティー Ⅲ

バナナいちごミルクティー

マスキングテープ収納BOX

空と木々

オレンジピールとオランジェット

ホットナッツミルクティー

アイスフレッシュフルーツティー Ⅱ

きのことベーコンのソテーのオープンサンド

ホットオレンジ酒ティー

手作りスケジュール帳カバー

りんごコンポートとフルーツ酒のミニパフェ

ドライフルーツ酒その後

自家製オレンジ酒と、びわ酒

はちみつレモンヨーグルトアイス

フルーツミックスソーダ

アイスフレッシュ巨峰ティー

ドライフルーツと砂糖漬けフルーツの自家製リキュール

パッソア・ヨーグルト・アイス

フローズンフルーツソーダ

2ヶ月目のビワ酒

スクエアミントパルフェ

カイガラソウのドライフラワー

自家製びわ酒

ロイヤルベンガルタイガー

Te Fresco(テ・フレスコ)

ミルクプリン with 苺ジャム&ブルーベリージャム

アポロティー